『劇と暮らし』presents 〜 五感を磨いて仕事もプライベートも生き生きと!!

Description

演劇のメソッドを使って五感を磨きます!

第1回開催『心と体を磨く演劇エクササイズ』では、“お芝居をするの?” “激しく体を動かすの?“など、

どんなことをやるのかと殆どの方が恐る恐る参加された様子でした。

でも参加された結果、


“とてもリフレッシュ出来て楽しかった”

“知らなかった感覚を体験できた“

“他人との関わり方が不思議で心を無に出来た”

“意外と物事を観察してないことに気づいた”

“心身のケアが出来てありがたい内容だった”


などなど、皆さん五感が研ぎ澄まされ、心身のリラックスを得ることが出来たようです。

現代人にとって上手にコミュニケーションをとって心身を安定した状態に保つことは意外と難しくて大変なこと。

そこで皆さんの日常をもっと生き生きとさせるお手伝いをしたく、第2回開催をすることにいたしました!


第2回の詳細情報は前回のレポートなどを交えての『劇と暮らし』グループより随時更新していく予定です。

前回参加された方もそうでない方も、視る」「聴く」「触る」「嗅ぐ」「味わう」という感覚を普段自分がどれだけ使えていて、もしくはどれだけ感覚を活かせていないかを体感して、新たな気付きを手に入れてください

周りの、仕事関係でも友人でも家族でも、きっと今までより豊かにコミュニケーションが取れるようになっていくはずです。


また第1回で時間が足りず出来なかった、基本の姿勢と日常動作についても身につけていただこうと予定していますのでお楽しみに!


■日程  712日(水)

■時間  19:0021:0018:30より受付開始)

■場所  harappa日本橋

■参加費 1000

■定員  15

■持ち物 動きやすい服装(スーツでも上着を脱いていただく程度で大丈夫ですが、スカートやヒールの方は着替えをご用意ください)

■講師  丸尾 聡(まるお さとし)


【講師略歴】

作家・演出家・俳優。表現教育指導者。代表作に『INAMURA走れ!』(優秀新人戯曲集1996ブロンズ新社)『飯縄おろし』『離宮のタルト』『死刑執行人』(以上、演劇専門誌テアトロ掲載)、シナリオ『残置物処理班』ABU(アジア太平洋放送連合)ラジオドラマ部門最優秀賞、脚色『バッテリー』『精霊の守り人』『オリガ・モリソヴナの反語法』など。

神奈川かもめ短編演劇祭実行委員長。川崎演劇協会幹事。日本劇作家協会事業委員。

全国で、シナリオ・戯曲の講座、俳優向け講座の講師を務める。


過去レポ vol.1~見る(6/19更新

あなたには世界がどう見えていますか?

五感力のアップで普段、見過ごしているもの、気にも止めないもの、から世界が広がります。


会場は都心の真ん中にあるとは思えない、ゆったりとしてキュートなスペースです(イベントページ下部の写真をご参照ください)。

緑がいっぱいあって、テーブルがゆったりと離れていて、様々な本が置いてあるだけでなく仮眠スペースやマッサージ機まであります。

この空間をくまなく使って体の感覚を呼び覚ましていきます。


まずは見る。

前回のワークショップでは椅子を使って参加者それぞれが順番にアクションを作ってみました。

持ち上げたり、座ったり、転がしたり、跨いだり、回したり移動させたり一人目がまずアクションを作ると、次の人は一人目の方のアクションを繰り返した後に自分のアクションを作ります。

これを順番に全員がやっていって、最後の人まで来たら再び最初の人に戻るまで繰り返します。

最初にアクションをした方は一瞬ご自分が一番有利と思われたようですが、最後が自分であると気づくと緊張!(10人いたら最後は18個のアクションを覚えなくてはいけないんです!)

一生懸命に他人の行動を観察して覚えて真似ますが、ふと「あれ?」自分のアクションを忘れてしまったりも。


これを一通り行なって脳みそがパンパンになった後に全員で会場内をゆっくりと練り歩きいます。

そうすると少し景色が変わって見えます。ある色が濃く見えたり、今まで気づかなかったものが、ふと目にとまったり。

因みにあたなは、今これを読みながらあなたが座っている椅子の背もたれが、どんな形でどんな色をしているかすぐに言えますか?

なんとなく言えそうで、意外と正確には言えなかったりします。

さて、過去レポは全5回でお届けします。vol.2となる次回は「聞く」について。


ゆったりと広いスペースを使ってワークショップを行います。


緑が多く、落ち着きのあるスペースで、リラックスしながら楽しんでください。


羊の一家がお出迎えしてくれます!

Wed Jul 12, 2017
7:00 PM - 9:00 PM JST
Add to Calendar
Venue
harappa日本橋
Tickets
参加費 ¥1,000

Combini / ATM payment will be closed at the end of Jul 11, 2017.

Venue Address
東京都中央区日本橋本町2-2-2 日本橋本町YSビル2階 Japan
Directions
銀座線・半蔵門線三越前駅より徒歩3分
Organizer
劇と暮らし
62 Followers